peanut演技トレーナーのご紹介


千葉 大樹(ちば だいき)

演技トレーナー、演技ワークショップ「peanut」主催。高校卒業後、渡米。ハリウッドでステラ・アドラー式メソッドアクティングを学ぶ。帰国後は演技トレーナーとして自身が主催する演技ワークショップpeanutを運営しながら、(株)トライストーン、(株)ユマニテ、(株)エヴァーグリーンエンターテイメント、(株)スターダストプロモーション等に所属する役者を育成。数々のドラマや映画など、一線で活躍する若手俳優達を輩出する。最前線で行われているオーディションや撮影現場でぶつかる教え子たちの問題点、解決策を徹底的に分析。「売れるために何が必要か」を最大のテーマに独自のメソッドを展開。近年は演技トレーナーの育成にも力を注いでいる。


金澤 滋隆(かなざわ しげたか)

2001年、千葉大樹主宰の演技WS「peanut」の立ち上げに参加。中心俳優の一人としてpeanutの黎明期~中興期を支える。出演作は大小様々な舞台、映画、写真、CMからTVバラエティーまで多岐に渡り、その豊富な現場経験に裏打ちされた実戦的エクササイズで俳優本来の力を引き出す。現在、(株)アソビシステム、(株)テレビ朝日ミュージック、専任演技トレーナー。他、多数の芸能事務所とトレーナー契約を結び、子役からシニアまで多くの俳優の育成に尽力している。近年では無名だった子役が「MOZU・劇場版」で主要な役でデビューを果たす等、子役の指導にも定評がある。


荒巻 武仁(あらまき たけと)

俳優、演技トレーナー。北村龍平、井筒和幸監督などの作品に参加したのをきっかけに俳優としてのキャリアを本格的にスタート。インディーズ作品に多数出演しながら、ナレーションや吹き替えなど、活動は多岐にわたる。演技トレーナー・千葉大樹に師事しメソッドアクティングを学び、現在はトレーナーとしても活躍中。俳優の目線に立って演技を指導することをモットーとし、俳優に一番近い演技トレーナーを目指し奮闘中。(株)ジャストプロ、(株)アソビシステムのトレーナーも勤める。


米元 信太郎(よねもと しんたろう)

俳優、演技トレーナー。アークエムプロモーション業務提携の俳優。出演作に「無伴奏」「セーラー服と機関銃-卒業-」「シン・ゴジラ」「女の勲章」「民衆の敵」「響-HIBIKI-」「やすらぎの刻〜道〜」「GARO-VERSUS ROAD-」他。演技トレーナー・千葉大樹に師事し、(株)東宝芸能、(株)ソニーミュージックエンタテインメント、(株)アソビシステム等、複数の芸能事務所・ワークショップ等で演技トレーナーを努める。映像だけでなく、吹替・ナレーションも含めた実際の現場経験を活かし、「今の現場で求められる演技」にこだわった指導をする。


新田 誠(にった まこと)

俳優・演技トレーナー。広告代理店営業マンを経て表現の世界へ。千葉大樹に師事し、行定勲監督作品やTBS日曜劇場などに出演。複数の芸能事務所で演技トレーナーとして活動しながら、数多くのワークショップへの参加や、様々な演出家と顔を合わせ、自身も日々演技論を研究。「楽しみながら常にチャレンジ出来るレッスン」を掲げ、自身の経験やメソッドを基にした様々な観点で、俳優に火をつける。


山田 唯(やまだ ゆい)

女優・演技トレーナー。学生時代に様々なミュージカル作品への出演の他、海外作品の翻訳、演出助手、ライブの主催等の活動を行う。その後本格的に芸能活動を開始しCMや映画、舞台出演等幅広く活動する。千葉大樹に師事し、様々なワークショップにも積極的に参加、自身も演技トレーナーとしての活動を開始する。


佐藤 祐基(さとう ゆうき)

エヴァーグリーンエンタテインメント所属の俳優。演技トレーナー。
2004年 PIZZA-LA presents第1回try to top2004の初代グランプリを経てトップコート所属。2005年 ごくせん2にて映像デビュー。同年、鈴木裕美演出「ブラウニングバージョン」にて舞台デビュー。2007年東海テレビ「白と黒」にて民放初主演。2010年 エヴァーグリーンエンタテインメントに移籍。2016年より演技トレーナー千葉大樹氏に師事。自身の芸能界での様々な体験や現場での経験、日常の視点、興味の持ち方など、自らのロジックを再認識しながら、俳優を育成できる俳優に成るためにトレーナーとして始動する。


有馬 健太(ありま けんた)

演技トレーナー。高校卒業後、役者の道へ進み、千葉大樹に師事する。映画、ドラマ、舞台、CMなどに出演。約10年の現役生活を経て、役者を辞め海外へ移住。そこで「自分という人間としての在り方」を学び、それを活かしたレッスンを大事にする。


長坂 温菜(ながさか はるな)

17歳のときにトライストーンアクティングラボにて千葉大輝に師事し、本格的に演技の道に。アクティングラボ卒業後、芸能事務所に所属し、TVや映画、舞台、広告など幅広い分野で活動。その後演技トレーナーとして、その感性を活かした指導をし、子役や若い俳優・女優へのトレーニングに定評がある。


須賀 裕紀(すが ゆうき)

役者、モデルとして活動。役者だけでなくモデルという経歴も活かす、これまでのpeanutにはいない演技トレーナー。非常に感受性が豊かな自身の個性で、「参加者の個性を伸ばす」をモットーに全てを肯定するスタンスから、寄り添いより良き方法を考え抜く。